かずわん先生の電気工事士技能試験教室




三路回路

三路回路は、階段などで同一負荷を、複数箇所から点滅できるものです。
2箇所のときは、三路スイッチを2個使用します。
3箇所以上のときは、さらに、四路スイッチを追加します。
三路スイッチ
三路スイッチは左図のように、
0番を共通とした、切り替えスイッチです。

(第一種技能試験では、三路スイッチを切り替え用スイッチとして利用する課題が出題されることもあります。)


1、3同士をつなぎ、全体を1つの単極スイッチとみすと
三路スイッチ2個で1つの単極スイッチとみなすことができます。


展開接続図


三路回路 複線図
基本的な三路回路
単線図の配置通りに器具を描く
電源接地側の白線を電灯につなぐ。
電源非接地側の黒線を
片方の三路スイッチの0番につなぐ。
もう一方の三路スイッチの0番と電灯をつなぐ。
三路スイッチの1番3番と1番3番をつなぐ。
最後に電線の色を書き込みます。
注.
三路回路の場合は、三路スイッチの0番へは黒線をつなぐ。
1番,3番へつなぐ線の色は何色でもよいが、同色があれば同色でつなぐ。

1番、3番同士の結線について
1番から1番へ、3番から3番へ、あるいは、1番から3番、3番から1番、どちらでもよい。


施工条件で、電源の非接地側の黒線を入れる三路スイッチは、
施工条件などで指定される場合がある。






トップページ  アルバム  趣味  休憩室