かずわん先生の電気工事士技能試験教室





パイロットランプのある回路

試験に出るパイロットランプの点灯方法は、3通りある。
1.常時点灯 電灯の点滅に関係なく常時点きっぱなし
2.同時点滅 電灯と同時に点く
3.異時点滅 電灯とパイロットランプの点灯が逆になる

注意:技能.試験には、電圧動作型(電圧検知型)パイロットランプが出題される。
負荷電流が流れたときに点灯する電流動作型(電流検知型)は出題されたことがありません。



複線図を描く順序
図の回路の場合、まずパイロットランプは無視して
複線図を描く
単線図通りに器具を配置し、
パイロットランプ以外を接続する。
この時点で色を書いてはいけません。
次に、点き方に応じて、パイロットランプをつなぐ。
常時点灯
電源とパイロットランプを並列につなぐ。

この回路は、パイロットランプを
コンセントのつもりでつないでもけっこうです。
同時点滅
負荷とパイロットランプを並列につなぐ。
異時点滅
スイッチとパイロットランプを並列につなぐ。
注意:電線の色は複線図が完成してから書き込みます。






TopMenuPage  プロフィール  趣味  休憩室